コンタクトはいらない!だってレーシックがある

コンタクトはいらない!だってレーシックがある

 

ここではレーシックについての情報を盛りだくさんにご案内しています。
是非当サイト<コンタクトはいらない!だってレーシックがある>をお気に入り登録していつでも見れるようにしておいてください。ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。

 

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。現代はパソコンが普及してきて大変便利な世の中になりましたが、その結果視力の悪化が目立ってきています。
もしメガネやコンタクトレンズに頼るのが嫌でしたら、レーシックを選び裸眼で生活をすることが出来るようにしてみませんか?

 



コンタクトはいらない!だってレーシックがあるブログ:18 8 2022
排便は習慣性を持つものである。

お母さんは9時起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
お子さんはそうではない。

お子さんには9時にウンチをすることを
お母さんが習慣づけてあげるからこそ、
9時の排便ができるようになるのである。

お母さんがお子さんに9時の排便を習慣づけないと、
お子さんは9時の排便が難しくなる。

午前中の体質は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
体質内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

体質内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
お子さんの免疫力は低くなってしまう…

それで
お子さんはたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

お子さんが病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらず食べる事をさせていては、
お子さんはますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしているお子さんのウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘のお子さんに限って
お子さんらしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

おれは…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
お子さんが病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎9時、
お子さんには排便を行わせ、
病気とは無縁の体質にしてしまおう!


コンタクトはいらない!だってレーシックがある モバイルはこちら